Welcome

テレスコ工作工房です。本年夏頃よりこれまでのネットショップから店舗での営業を開始いたします。都会の天文ショップには無い「星の日本一綺麗な松原湖高原」でないとできない新たなサービスを展開していきます。当店では「星空の風景撮影をするための機材」をメインに扱う日本唯一のプロショップを目指しています。星空を追尾する赤道儀や三脚、デジタルカメラの販売やレンタルも行っていきます。また団体様、個人様のスターウォッチングのお手伝いなどもさせていただいております。八ヶ岳でプライベートで星空観察をされたい方には天体望遠鏡、双眼鏡などもお貸しいたします。

当店では主に初心者様が初めて天体観測を気軽にする、撮れるアイテムを中心に構成しておりますが、中上級者様が必要とされる特注アイテムなども扱っております。また当店は、中古品の販売や買い取りを長野県警察より認可を受けて営業を行っております。一般的な天文ショップやリサイクルショップよりは確実に高値で買い取りできます。当店では他店には無い「トレードシステム」を取り入れており、当店の商品を買うためにお持ちの機材をトレード商材として入れることで、より高値で買い取りすることができるシステムです。海外では一般的にあることですが、日本ではそういったシステムはありません。買い取りを希望される方は他店へ査定に出した後と当店へご相談ください。

また、テレスコ工作工房では、「Terrestrial Healing」という地球上の自然とそれを取り巻く宇宙による癒し効果を考えたスターウォッチングをプロデュースしております。八ヶ岳の大自然と美しい星空には計り知れない癒しの力があります。ぜひ八ヶ岳の松原湖高原へお越しください。

初心者様などで、分からないこと、商品の選定方法等でお困りの方はご遠慮なくお問い合わせください。親切丁寧な対応を心がけていきますので、マスコットキャラクターの”おやじねこ”共々よろしくお願いいたします!

古物商許可 長野県公安委員会許可 第481141400021 斉藤尚敏

テレスコ工作工房のブログ

今年も小海町の星フェスは開催します!



スカイウォッチャーの40cmドブソニアンの接眼部ドローチューブが無かったので、新たに製作しました。元々購入した時から無かったので、先日渡米した際に代理店でドローチューブだけ取り寄せられないか聞きましたが、接眼部も全て部品が付いた状態で中国から送られてくるので、部品単体での発注はできないと言われました。

まぁ、普通はドローチューブだけ無くしたり壊したりすることは考えられないので、メーカーとしても部品だけ持っていることはないのでしょう。幸いにして作ることができる部品なので3台分作りました。後は仕上げ処理をしてクレイフォードフォーカサーに組み込んで完了です。今使っている接眼部は、20cmドブソニアンから外したものですが、幸いにもドローチューブが全く同じものだったのでラッキーでした。クレイフォードフォーカサーの作り自体は違っていますが、ドローチューブのサイズは共用です。



Solar MaxII 90フィルターセットをFSQ-106EDへ取り付け加工をしましたが、ファインダーが無かったので、Sol-Sercherをファインダーベースに取付けるアダプターを製作しました。通常より少し高くしていますが、それをしないとフード装着部に取付けたアダプターでケラレてしまうので、下駄をはかせて高くしました。

今回は、一度に数台のSM90フィルターセットの取り付けアダプターを作りましたが、取付ける鏡筒は全てタカハシ製品です。ビクセン製品も過去にありましたが、これまでに製作したアダプターの9割くらいはタカハシ望遠鏡用です。アダプターが仕上がれば全て納品できるのですが、天候が著しく悪いので、最終検品ができずにお待ちいただいております。
米国側で一度検品をしているのですが、できればもう一度発送前に検品をした上で納品したいと思っています。しかしこれだけ長い事天候が良くないのも珍しいです。

今日は、午前中に秋の「星と自然のフェスタ2019」のスポンサーのお願いに企業の社長さんに会ってきました。幸いにも協力を快諾してくれることになりました。この会社はうちの商品を作ってくれている大きな企業ですが、私の活動について良く理解してくれて、イベントには事務員の女性が家族で来てくれています。とても有り難いことです。

今年で3回目の星と自然のフェスタですが、多くの方々に助けられて運営ができています。今年も既に20社を超える出展社が集まっており、内容的にはほぼ前年並みに賑やかになりますが、講習会も多才な講師が集まってくれているので、楽しくなりそうです。ただちょっと困ったことがあります。国立天文台の一般公開日が星フェスと重なっているのです。それにより小海への出展を悩まれている所があるので、今年はもう日が決まってしまったので仕方ないですが、来年からは何とかしたいところです。